【PS5】タイトル別4Kフレームレートを調べてみた

2 min

PS5では4K時最大120Hzのリフレッシュレートでの表示が可能になりましたが、実際には一体どの程度の性能でどれぐらいのfpsが出るのかが気になります。

そこでPS5のローンチタイトルでの4K出力時の実際のフレームレートを調べてみました。

筆者はPS5未所有です。PS5ください…。

PS5のスペック

PS5のスペックをおさらいしておきましょう。

CPUx86-64-AMD Ryzen™ “Zen 2”
8コア / 16 スレッド
周波数:最大 3.5GHz まで可変
GPUAMD Radeon™ RDNA 2-based graphics engine
レイトレーシング アクセラレーション
周波数:最大 2.23GHz まで可変 (10.3 TFLOPS)
システムメモリGDDR6 16GB
バンド幅:448GB/s
PS5の仕様

GPUは10.3TFLOPSとPCで言えばRTX2080に相当のスペックです。RTX2080環境での4Kゲームのフレームレートを見てみると、おおよそ30~60fpsのプレイが十分楽しめる程度のフレームレートが出ています。もちろんゲームや設定によりますが…。

各タイトルの4K出力時の対応フレームレート

今回筆者が調べたタイトルと、4K時のフレームレートが以下になります。

タイトル4K時フレームレート
Astro‘s Playroom60fps
デモンズソウル60fps
スパイダーマン:マイルズ・モラレス
(スパイダーマン:マイルズ・モラレス Utimate Editon)
60fps
(パフォーマンスモード時)
デビルメイクライ5スペシャルエディション80-90fps
Call of Duty: Black Ops Cold War120fps
※筆者調べ

調べた限りでは多くのソフトで4K/60fpsでした。やはり4K/120Hzモニターは必要ないのか…?

120fps対応タイトルはPSUpushsquareが詳しいです。

一部タイトルは4K/120fpsに対応している!

多くのタイトルが4K/60fps対応の中、「コールオブデューティ:ブラックオプスコールドウォー」は4K/120fpsに対応しているようです。

以下の動画によると、かなり安定して120fpsでていますね。120fps動作させるにはPS5本体側の設定からパフォーマンスモードをONにする必要があるようです。

また「デビルメイクライ5 スペシャルエディション」も120fpsには届かないものの、4Kで80fps前後のフレームレートが出ています。4Kで60fps以上出せるだけでも十分凄いです…。

上記のゲームで、PS5が1080pレンダリングしたものをアップコンバートして4K出力しているのかどうか詳しいことはわかりません。ローンチ時点でここまでフレームレートを叩き出せるということは、開発技術が成熟していけば安定した4K/120fps環境が実現可能なのかも。

まとめ:4K120Hz対応のゲームはこれから?

現状では4K/60fpsが主流。4K/120Hz、HDMI2.1に対応したテレビやモニターを急いで購入する必要はないのではと思います。

しかし、今後はどうなっていくのか予想はつきません。「Marvel’s Spider-Man: Miles Morales」の開発元Insomniac GamesはIGNに対し、PS5のハードウェアの上っ面をなでただけだと語っています。

参考 『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』の開発者、PS5のハードウェアの「上っ面をなでた」だけだと発言

これを見るに、PS5はもっと可能性を秘めたコンソールなんでしょう。4K時のフレームレートもこれから先上がっていくかもしれませんね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です