【4Kモニター】32インチがおすすめ。理由も解説。

在宅勤務やブログ、YouTubeの動画編集などでPC作業をしている方は、マルチモニター環境を構築しているという方は多いのではないでしょうか。

また、そういった環境にあこがれてデュアルやトリプルモニターのマルチモニター環境を構築したいと思っている方も多いと思います。

マルチモニターにすれば物理的に作業スペースが増えるし、いいことしかないじゃん。

と思うでしょう。しかし、マルチモニターにはそれなりにデメリットも存在します。デュアルディスプレイを安易に導入する前に4Kディスプレイを選択肢に入れるべきだと筆者的には思います。

マルチモニターのデメリットについて詳しくは以下の記事を読んでもらうとして、本記事では32インチクラスの4K解像度のモニターを選ぶ理由とおすすめのモニターを解説していきます。

目次

4Kモニター32インチのメリットとは

4Kモニターとは一般的な解像度「フルHD(1920x1080)」の4倍の画素数を持つモニターのことです。

単純にフルHDのモニターをぎゅっと圧縮して、32インチサイズに4枚並べた物と思ってもらえればOK。

デスクトップ領域が広い

フルHDモニター4枚分の作業スペースがモニター1枚に圧縮されているのでPC上の作業スペースがめちゃくちゃ広いです。

ただし、圧縮された分文字が小さく表示されてしまうので、Windows側の設定で文字を大きく表示する(スケーリング設定)必要が人によってあるかも。

文字の拡大度合いは目とモニターの距離などの環境や視力、用途によって左右されますが実質モニター3、4枚分ぐらいの作業スペースがある、と考えてもらえばOK。

デスク上で使うのにちょうどいい大きさ

一般的な24インチモニター2枚を横並びにぴったりとくっつけた場合。機種にもよりますが、その幅は1m10cmになります。

たいていのデスクは1m~1m20cmの物が多いので、2枚モニターを置いた場合デスクの幅を目いっぱい使うことになりますよね。

対して、32インチのモニターであれば幅80cmほど。モニター両脇にスペースができるので、デスク上を広く使うことができます。

4Kモニター32インチの選び方

4Kモニター32インチのメリットを分かってもらったうえで、どういう基準で製品を選ぶべきかをカンタンに解説してみます。

注目すべきは以下の3点。

  • 使用用途にあったパネルの選択
  • USB-C入力の有無
  • モニターのエルゴノミクス性能

ほかにも機能面で差があるため見るべきポイントは多いのですが、まずこの3つで機種を絞っていくとよいと思います。

パネルの種類に注目

実は液晶パネルには種類があり、それぞれ特徴が違います。

パネルの種類は主にTN、VA、IPSの3種類。一般的に選び方はこんな感じです。

  • IPSパネル - 色を扱うクリエイティブ用途に”色再現性が高く良い
  • VAパネル - 動画鑑賞用途ではコントラスト比が高く良い

4Kモニター32インチでTNパネルのモデルは「筆者が調べた限りでは存在しない」ので、IPSかVAどちらかで選ぶことになります。

液晶パネルの違いについて詳しく知りたい方は以下を参考にどうぞ!

液晶パネルのタイプ別違い
TNVAIPS
応答速度
色再現性
コントラスト
※すべてのモニターがこの通り当てはまるわけではありません。あくまで一例です

パネルごとに得意なことや苦手なことがある。適材適所で選ぼう。

USB-C入力の有無

USB-C入力があれば、USB-Cケーブルを接続するだけで映像の出力が可能になります。

映像入力といえばHDMIやDisplayPortがメジャーで、どのモニターにも当たり前に搭載されていますが。

USB-Cへの給電に対応しているモデルであれば、ケーブル1本でPCからの映像出力とPCの充電が可能になります。

ケーブル1本で済むメリットは大きく、持ち運びからの自宅作業への移行がスムーズにできます。

USB-Cからの映像出力や充電に対応しているMacBookやノートPCを持っている。もしくは購入予定の方はできれば対応モニターを選んだほうが吉。

角度調整や高さ調整

モニターアームを使わないなら画面位置の調整機能が多い方がいいです。

特に高さ方向の調整機能は重要で、長時間作業での首や肩の疲労感の軽減には目線の高さにモニターを配置するのが一番です。

モニターアームがあると自由度が段違いに上がります。導入予定があるならモニターのエルゴノミクス性能は気にしなくてもOK。

4K32インチモニターのおすすめ

筆者がおすすめする4K32インチクラスのモニターをまとめました。よろしければ参考にしてください!

スクロールできます
製品名パネルUSB-CエルゴノミクスHDRスピーカー購入
BenQ EW3270U
31.5インチ
VAパネル

入力のみ

チルト
Amazon
BenQ EW3280U
31.5インチ
IPSパネル

60W

チルト
Amazon
ASUS ProArt PA329CV
32インチ
IPSパネル

90W+ハブ機能

チルト/首振り/回転/高さ
Amazon
DELL S3221QS
31.5インチ
VA

チルト/首振り/回転/高さ
Amazon
DELL U3223QE
31.5インチ
IPSパネル

90W+ハブ機能

チルト/首振り/回転/高さ
Amazon


VAパネルの4Kモニター定番モデル
BenQ EW3270U

benq.com
特徴
  • サイズ:31.5インチ
  • パネル:VA
  • 色域:95% DCI-P3
  • HDR:対応(Display HDR400)
  • 入力端子:HDMI2.0 x2、DP1.4 x1、USB-C x1
  • スピーカー:2Wx2
  • エルゴノミクス:チルト

USB-C 経由の映像入力に対応しています(給電には非対応)。また、HDRに対応しているので、PS4Proなどゲーム機をつなげれば美麗な映像を体験可能。

周囲の明るさに応じて画面の輝度調整や色温度を調整してくれる、ブライトネスインテリジェンスプラス(B.I.+)機能を備えています。

角度調整のみで高さの調整ができないのが痛い所ですが、モニターアームがあれば問題なし。

動画視聴やゲームに最適な4Kモニター
BenQ EW3280U

benq.com
特徴
  • サイズ:31.5インチ
  • パネル:IPS
  • 色域:95% DCI-P3
  • HDR:対応(DisplayHDR 400)
  • 入力端子:HDMIx2、DPx1、USB-C(60W給電対応)
  • スピーカー:2.1ch(2W x2+5Wサブウーファー)
  • エルゴノミクス:チルト

USB-C入力(60W給電対応)付きのIPSパネルのモニター。ブラウンを基調としたシックな外観がモニターにしては珍しいデザインです。

エンタメ視聴に重きを置いたモデルで、スピーカーにPCモニタには珍しい2.1ch付き。音質にこだわらなければ必要十分なスピーカー構成となっているので、別途用意する必要がないのは嬉しいですね。

また、PCモニターとしてはあまり見ないリモコンが付いているのも特徴的。モニターに手を伸ばさずに操作が可能になっています。

ただし、エルゴノミクスはチルトのみとなっている点には注意です。

写真や動画などクリエイティブ用途に最適
ASUS ProArt PA329CV

asus.com
特徴
  • サイズ:32インチ
  • パネル:IPS
  • 色域:100% sRGB、100% Rec.709
  • HDR:対応(DisplayHDR 400)
  • 入力端子:HDMIx2、DPx1、USB-C(90W給電+ハブ機能)、オーディオ出力
  • スピーカー:2Wx2
  • エルゴノミクス:チルト、首振り、回転、高さ

クリエイティブ用途でプロ向けをうたった製品。

出荷時キャリブレーション済みで色差ΔE<2の色精度を実現しています。

画面上に、A4用紙などの実際の紙と同じサイズの枠線を表示したり、画面を分割するグリッド線を表示したりすることができるQuick Fit機能を搭載しています。

USB-Cは90W給電とハブ機能付き。モニターに外付けSSD等のストレージやキーボードなどのデバイスをまとめることができます。

また、エルゴノミクス機能も一通り備えているだけではなくデスクにクランプすることができるスタンドも付属。

モニターアームほどの自由度はありませんが、デスクにスタンドベースがない分デスクを広く使うことができますね。

ΔE(デルタイー)って何?

ΔE は、表示される色と人間の目が認識する色がどれだけ近いかを確認するために使用します。 この値は、CIE Lab 色空間の 2 つの点として指定された 2 つの色の差でもあります。 色の精度が低いほど、ΔE の値は高くなります。

引用元:Acer

言い換えるとΔEの値が小さければ小さいほど色の精度が高いということ。ΔE<2という値は色精度の高さを表す指標としてモニタースペックによく表記されます。

コスパに優れた曲面VAパネル
DELL S3221QS

dell.com
特徴
  • 画面サイズ:31.5インチ
  • パネル:VA(曲率1800Rの曲面)
  • 色域:99% sRGB、90% DCI-P3
  • HDR:対応
  • 端子:HDMIx2、DPx1
  • スピーカー:5Wx5W
  • エルゴノミクス:チルト、首振り、回転、高さ

コスパの高い製品が多いDELLの4Kモニター。

VAパネルのためコントラスト比が高いのが特徴。パネルが湾曲しているので画面の端が見やすくなっていて視野角がIPSに比べて狭いというVAパネルのデメリットを打ち消しています。

注意点としては廉価モデルのためUSB-C接続がないのが痛いところですね。

ただし、廉価であってもDELLモニターは3年間のプレミアムパネル保証がついています。ドット抜けに対する保証なのでドット抜けに関しては心配いらないところがDELLの良いところ。

高機能デジタルハイエンドモニター
DELL U3223QE

dell.com
特徴
  • サイズ:31.5インチ
  • パネル:IPS Black
  • 色域:98% DCI-P3
  • HDR:対応(DisplayHDR 400)
  • 端子:HDMIx1、DPx1、USB-C(90W給電+ハブ機能)
  • スピーカー:なし
  • エルゴノミクス:チルト、首振り、回転、高さ

DELLのデジタルハイエンドな4Kモニター。IPS Blackパネルで通常のIPSパネルよりも黒が黒い=コントラスト比が高いのが特徴。

デジタルハイエンドの名の通り色精度も出荷時キャリブレーションで色差ΔE<2をクリアしているため写真や動画の編集といったクリエイティブ用途にもおすすめなモニターです。

またUSB-Cは90W給電に加えハブ機能を持っているため高機能なところが見逃せません。

  • USB-A x5
  • USB-C x2
  • RJ45

USB-CポートにつなぐだけでモニターがUSBハブとして機能するので有線LANや外付けストレージをモニターにまとめることができちゃいます。頻繁に持ち出すことがあるMacBookやノートPCユーザーにおすすめですね。

こちらもプレミアムパネル交換の保証付きなので3年間はドット抜けの心配いらずで安心して購入できるのも嬉しいポイント。

まとめ

スクロールできます
製品名パネルUSB-CエルゴノミクスHDRスピーカー購入
BenQ EW3270U
31.5インチ
VAパネル

入力のみ

チルト
Amazon
BenQ EW3280U
31.5インチ
IPSパネル

60W

チルト
Amazon
ASUS ProArt PA329CV
32インチ
IPSパネル

90W+ハブ機能

チルト/首振り/回転/高さ
Amazon
DELL S3221QS
31.5インチ
VA

チルト/首振り/回転/高さ
Amazon
DELL U3223QE
31.5インチ
IPSパネル

90W+ハブ機能

チルト/首振り/回転/高さ
Amazon

4Kモニターの32インチクラスはまとめると以下のとおり

  • デスク上に置きやすく邪魔にならないギリギリサイズ
  • 作業領域の広さと見やすさを両立している

といったように悪い点が見当たらないサイズと言えます。

在宅ワーク、Youtubeや映画など映像鑑賞や、PS4やSwitchなどのゲーム機を繋いでのゲームプレイにも4K32インチのモニターがあれば捗ること間違いなしです。

理想のデスク環境を4Kモニターで実現してはいかがでしょうか。本記事がモニター選びの参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる