\ 楽天BLACK FRIDAYセール! /

ESR「HaloLock ミニキックスタンド モバイルバッテリー」レビュー。iPhoneの充電をMagsafeに一本化したい人におすすめ。

いつもiPhoneの充電をリビングでしていると、妻と充電する時間が大体同じになっちゃうんですよね。

そもそも充電器をiPhone用にリビングには1台しか置いてないのがダメなんですが、ライトニングケーブルをあまり増やしたくないのでまぁいいかーと我慢していました。

そんなことを続けているとさすがに不便に思えてきたので、iPhoneの充電場所を縛られずにどこでもケーブルレスで充電できるMagSafe対応のモバイルバッテリーを購入。

それが今回レビューする、ESRの「HaloLock ミニキックスタンド モバイルバッテリー」です。

ストレスフリーに充電できて、iPhoneユーザーにおすすめしたい製品です。

外箱
ESR
¥5,899 (2022/11/16 23:31時点 | Amazon調べ)
HaloLock ミニキックスタンド モバイルバッテリー 5000mAh
総合評価
( 4 )
メリット
  • Magsafe対応、ケーブルレスで充電ができる。
  • 「iPhone 12 mini」にぴったりなサイズ感。
  • 剛性の高いキックスタンド。
デメリット
  • 7.5Wはながら充電だと充電速度が遅い。
  • 12miniや13miniだとケースによっては干渉する
目次

「HaloLock ミニキックスタンド モバイルバッテリー」はこんな製品

内容物
スペック
バッテリー容量5000mAh
サイズ99x64x16mm
重さ155g
端子USB-C
出力USB-C: 5V2.4A(12W)
ワイヤレス: 5W/7.5W(Max)

本製品を簡単に説明すると、「MagSafeに対応でiPhoneの背面にガチっと磁力で固定、そのままワイヤレス充電できちゃうモバイルバッテリー」です。

ESRというブランドはこのモバイルバッテリーのほかにも充電関連の製品を販売しているようです。ラインナップとしてバッテリー容量10000mAhのモデル(Amazon)も販売されていますが、今回購入したのは5000mAhのモデル。

家の中で持ち運び前提なので「なるべく小さくて、ごろ寝スマホ中でも重くなさそうなヤツ」ということで容量の少ない軽いほうを選びました。

ちっちゃい、軽い

重量は155gと無印iPhone12や13より軽いです。

筆者的には装着して持っていても気にならない重さですが、個人差はあるでしょう。

サイズはiPhone12miniと比べて厚みは1.6cmと厚いですが、幅は同じで高さ方向は短いです。十分すぎるほどコンパクト。

HaloLockというのはMagSafe対応ということらしい

iPhone12miniに横幅ピッタリ

ESRではMagSafe対応機器の事をHaloLockと名付けているようです。充電関連で有名どころはAnkerですが、そちらはMagGoと名付けています。MagSafeという名前をストレートに使ってはダメなんでしょうね。

MagGoは名前からして想像がつくけど、HaloLockと言われてもピンとこない

名前の事はとりあえずおいといて、iPhone12miniに取り付け。当たり前ですが充電も磁力の強さも問題なしです。

ケースによっては干渉する(iPhone12miniや13miniだけ)

ただし、普段つけているケースのフチ部分が盛り上がっているせいでバッテリーとの間に隙間ができてしまいました。この隙間のせいで充電効率が下がってしまったり、発熱が増えたりする可能性がありますね。

使っている感じこのぐらいの隙間でひどい発熱を感じたりはしていません。ですが浮いてる分固定が甘くなったり見た目的にもきになるのでケースを買い替えることにします。

筆者はiPhone12miniしか持っていないのでわかりませんが、ボディサイズの小さいiPhone12miniか13mini以外では問題はなさそう。

持ちやすいけど角は少しだけ気になる

背面が盛り上がった形になっていて持ちやすさもそこそこ良いです。

強いて言うなら装着して持った時に気になるのがバッテリーの角が手のひらにあたる所。

厚みが増した分握ったときにちょうど手のひら第一関節あたりに角があたるせいなんですが、もうちょっと角に丸みを持たせたほうが良かったかなと思います。

でも痛みを感じるわけではないので許容範囲ですけどね。

キックスタンド超便利

キックスタンドは金属製。見た目は弱そうですが触ってみるとかなり剛性感があります。さすがに無理やりあらぬ方向に力を入れればぶっ壊れると思いますが。普通に使う分には全然問題ないですね。

スタンドとしての実用角度的にはおおよそ一番倒した状態の50度から一番起こした状態で60度ぐらいまで。スタンドって普通どのぐらいまで倒れるといいのかわかりませんが、使っていて不便ではないです。

指にかけると意外と持ちやすくなる

あとこのスタンド。引っ張り出した状態で指にかけると簡易スマホリング的な使い方もできます。持ちやすくなるのでお試しあれ。

iPhone充電速度は遅め

充電出力はワイヤレスで最大7.5Wなので数字の通り普通充電よりは早いですが急速充電よりはかなり遅いです。

ただ、筆者の本製品の使い方はスマホのバッテリー無くなったから充電するというよりも、とりあえず家に帰ってきたらスマホにくっつけて置くとか、寝るときにくっつけて置くという使い方なので充電が遅い点はあまり気にならないですね。

それよりも、注意してほしいのがワイヤレス充電の充電効率は有線よりも幾分か悪いので5000mAhのバッテリー容量でも感覚的には4000mAhぐらいの容量しかiPhoneを充電することができないことです。

「充電効率が悪い=充電をするためにより多くの電力を消費する」ってことなので思っているよりも早くモバイルバッテリーを充電する必要がありましたね。

丸一日装着しっぱなしとかは絶対無理。バッテリー無くなる。

100%になっても充電し続けようとする

見出しの通りiPhoneの充電が100%になっても充電し続けてるみたいなので余計に電力を消費します。これがiPhone側の仕様なのかはわかりません。

気づくとモバイルバッテリー側がバッテリー残量0になっていたりするので、iPhoneから切り離すか、本体電源ボタンを長押しして電源を切ったほうがいいですね。

「HaloLock ミニキックスタンド モバイルバッテリー」レビューまとめ

ESR
¥5,899 (2022/11/16 23:31時点 | Amazon調べ)
ESR
¥5,899 (2022/11/24 22:05時点 | Amazon調べ)
HaloLock ミニキックスタンド モバイルバッテリー 5000mAh
総合評価
( 4 )
メリット
  • Magsafe対応、ケーブルレスで充電ができる。
  • 「iPhone 12 mini」にぴったりなサイズ感。
  • 剛性の高いキックスタンド。
デメリット
  • 7.5Wはながら充電だと充電速度が遅い。
  • 12miniや13miniだとケースによっては干渉する

というわけでザーッと感じたところをレビューしてみました。

本製品はモバイルバッテリーというより「iPhoneの簡単増設バッテリー的な製品」と言ったほうがいいかもしれません。

MagSafeで簡単に張り付いてケーブルレスで充電し続けてくれるのでiPhoneのバッテリー残量をあまり気にすることがなくなったこともあり、この製品を買ってからLightningケーブルを一度も使ってません。

こんな人におすすめ
  • Lightningケーブルを葬りたい人
  • どこでもケーブルフリーで充電したい人

といったようにとにかくLightningケーブルをどうにか無くしたい。場所に縛られずに充電し続けたい人におすすめな製品です。

以上でESR「HaloLock ミニキックスタンド モバイルバッテリー」のレビューを終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次